ミシン修理の実績 Result

シンガー SH-316
シンガー SH-316
シンガー SH-316
メンテナンス

型番

シンガー SH-316

症状
上下糸の張り調整ができない。作動するとカタカタ音がする。
原因
①下糸がボビンケース糸ミゾにかけていないため。
②上糸調子が「0」になっているため。
修理内容
①下糸(ボビンケース)がミゾに入っていないため。上糸調子が「0」になっている。上下糸調子正常作動。
②モーターベルトがカバーに当たり、異音(モーターベルトの張りを調整)。上下糸調子確認。針とカマのタイミング・送りタイミング確認。その他点検・注油潤滑。
【アドバイス】
調子がおかしいと思った時は、まず糸のかけ方をはじめからご確認ください。
上下糸を掛け直すだけで使えるようになることがあります。
ミシン修理に関することはお気軽にお問い合わせください tel 0120-40-5851/06-6717-5851 月~金9:00~17:00 定休日 /土日・祝日 メールでお問い合わせ